DSC_2196-Pano
人はなぜ野津田に登るのか?
→そこに野津田があるから











残暑の山登りだよ。今回は旧コースを踏破するよ。
DSC_0001








マジしんどい
DSC_0004



DSC_0007








天空の城ノヅタ
DSC_0008








大型ビジョンでJ'S THEME新バージョンを繰り返し流す
DSC_2306
ロケ地ここじゃん、野津田じゃん。
春畑道哉さんが町田市出身なんですって








DSC_2397



DSC_2400








DSC_2412



DSC_2430








首都圏バトル5開催でジェフィ参上
DSC_2431
女性MCに「ジェフティ」と呼ばれてドンマイ








DSC_2462
新加入・下平がいきなりスタメン








オウンゴールと平戸選手のゴールで2失点して前半終了。マジしんどい








ハーフタイムは綱引き対決。
試合前の応援コメント投票に勝利したゼルビーにアドバンテージでファイト!
DSC_2502
クールな表情を崩すことなくゼルビーが圧勝。犬っころ少しは気張りやがれ。








健闘を称え合う
DSC_2504








64分に再び平戸選手が追加点。ナイスゴール。いい選手だなあ



町田は組織として適切な目標設定が好循環を生んでいる印象を受ける。今自分たちができること「だけ」を、最高強度で完遂しているのではないかな。

一方ジェフはといえばエスナイデル体制2年目の今季、ハイプレス・ハイラインは瓦解し、一度も一桁順位に食い込むことなくシーズン後半を迎えているわけだ。諦めも、悲観もしないけれど現実は厳しいぜ。ロマンチストなエスナイデルと、リアリストな相馬監督の違いなのか!?





なんて思いを巡らせつつ、試合終了前に帰ろうか?と逡巡していたら
PKゲット&PKゲット&PKゲット。
PKだけで3得点。

勢いに乗じてイケイケになるジェフだが追加点は奪えず、同点のまま試合終了
DSC_2549







変な因縁が生まれてしまった気もして少々戸惑いはあるけれど、劣勢の中で攻め続けた結果であることは間違いない。はず。きっと。たぶん